2014.5.11 17:02

阪神・メッセンジャー、巨人打線を完封!今季3勝目を挙げる

勝利を収め喜ぶメッセンジャーら阪神ナイン=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)

勝利を収め喜ぶメッセンジャーら阪神ナイン=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-0巨人、9回戦、阪神5勝4敗、11日、甲子園)阪神のランディ・メッセンジャー投手(33)が巨人戦に先発、9回4安打無失点の好投を見せ完封勝利で今季3勝目(4敗)を挙げた。チームは連敗を4で止めた。

 メッセンジャーが巨人打線をねじ伏せた。打たせて取るピッチングで四回まで巨人打線を無安打に抑える好投。五回一死からロペスに右前打を打たれたが、その後もスコアボードに0を並べた。

 自身来日7度目の完封勝利を挙げたメッセンジャーは「とにかくボールを低めに集めた」とピッチングを振り返ると、先制打を放った鶴岡について「いつもは冗談でファウルばかり打つから『ファウルボールマシーン』と呼んでいたんですけど、今日は素晴らしい仕事をしてくれた」と笑顔を見せた。

今成(マートンに代わって今季初めて5番で出場し、2安打)「風も強かったので、長打は無理と思ってつなぐことを考えた」

阪神・中西投手コーチ(メッセンジャーに)「球に威力があった。これしかないという勝ち方」

試合結果へ