2014.5.7 21:00

阪神・岩崎、五回途中6失点で降板「悔いが残ります」

3回、先制点を奪われた阪神先発・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)

3回、先制点を奪われた阪神先発・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、中日-阪神、8回戦、7日、ナゴヤドーム)先発した阪神のドラフト6位ルーキーの岩崎優投手(22=国士館大)が、五回途中6安打6失点で降板。失点した三回、五回はともに二死から得点を許す結果に、無念さだけが残った。

 反省は生かされなかった。前回登板(1日、広島戦)でも五回途中5失点(自責は4)で降板した左腕は、三回二死から荒木に直球を中前打されると、続く大島には四球。続くルナには、ど真ん中の変化球をフェンス直撃の左越え適時二塁打され先制を許した。平田にも直球を中前に弾き返され2点適時打。この回3点を失った。

 五回も二死から、ルナ、平田に四球を与え、森野に直球を中前適時打され0-4。ここで降板したが、2番手の玉置が和田に3ランを浴びた。岩崎は「失点したイニングはどちらも2アウトランナーなしからだっただけに、悔いが残ります。ゲームを作ることができず、申し訳ない」とうつむいた。

鳥谷(好機に凡退するなど無安打)「(浜田は)真っすぐも来ていて、しっかりコースを突いていた」

阪神・関川打撃コーチ(浜田に)「言い訳にはしたくないけど、情報が少なかった。後手後手に回ってしまった」

試合結果へ