2014.5.5 05:03

阪神・今成トドメダ~ン!左腕で代打 将絶賛「選択肢増えてくる」

九回一死一塁で、代打・今成は1号2ラン。トドメを刺した(撮影・白鳥恵)

九回一死一塁で、代打・今成は1号2ラン。トドメを刺した(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト1-4阪神、8回戦、阪神5勝3敗、4日、神宮)接戦の緊迫感を切り裂く今成のライナーが、勢いよく伸びた。打った本人は全力で二塁を回って、ようやく気がついた。打球はスタンドイン。今成が本塁打を認識すると同時に、勝利も決定的になった。

 「(本塁打だと)全然分からなかった。甘い球を初球から振りにいけたのが、よかったです」

 2-1の九回一死一塁で、代打で登場した。ここで、ヤクルトは左腕の久古を起用。「左対左」の継投を1球で打ち砕いた。初球のスライダーを振り抜き、右翼席最前列へ。1号2ランは自身初の代打アーチだ。

 「(変化球を)待っていたわけではないけど、反応できました」

 言葉が好調を裏付ける。8試合ぶりに先発出場した前日3日も猛打賞。開幕直後の不振はもう過去のことだ。

 「あまり考えず、根気よく、シーズンは長いと思ってやっていました」

 打率・120で迎えた4月15日からの広島遠征では、評論家として訪れた掛布DCに声を掛けられた。「いい時は(踏み込む)右足がゆったり着地していたぞ」。久しぶりの助言に「自分で気がつかないことだった」と納得。次のカードから安打量産が始まった。

 和田監督も「調子が上がってきて、左投手から打ったのも自信になる。そうなると、こっちはいろいろ考えないと。選択肢が増えてくる」と口にした。キャンプから悩み続けた「三塁」。現状は新井良の起用が多いが、再び競争が激化するのは必至だ。 (安藤 理)

試合結果へ

(紙面から)