2014.4.30 05:00

中大・島袋、復調気配!救援で2回3K無失点/東都

中大の島袋洋奨=神宮球場(撮影・古厩正樹)

中大の島袋洋奨=神宮球場(撮影・古厩正樹)【拡大】

 東都大学野球リーグ第4週第1日(29日、神宮)1回戦2試合を行い、拓大が5-2で中大を下し、先勝した。プロ注目の中大の左腕・島袋洋奨投手(4年)は救援で2回を無失点に抑えた。6連覇を目指す亜大は駒大に5-4で競り勝ち、先勝した。

 エース左腕・島袋は1-4とリードされた六回から救援し、2回を無安打3三振2四球で無失点に抑えた。直球だけで押しまくり、最速は147キロをマーク。「前に比べれば戻ってきた。指のかかりを意識して練習してきたものが形になってきている」と手応えをつかんだ。先発した8日の亜大戦は5連続を含む6四死球3失点の大乱調で1回1/3でノックアウトされただけに、敗戦の中に復調気配を漂わせた。

試合結果へ

(紙面から)