2014.4.30 21:23

阪神・ゴメス、4号3ランで一挙7得点のビッグイニングを演出

2回、3点本塁打を放つ阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・岡田亮二)

2回、3点本塁打を放つ阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・岡田亮二)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-広島、5回戦、30日、甲子園)阪神・ゴメスが、広島との首位攻防第2ラウンドの二回に豪快弾を放った。4点を奪い、なおも二死一、三塁で広島先発・野村の外寄りの125キロのチェンジアップを一撃した。

 白球はバックスクリーン左に飛び込んだ。4月22日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、7試合ぶりの4号3ランで一挙7得点のビッグイニングを演出。一気に流れを引き寄せた。ゴメスは「最後に甘くなったボールをしっかりと、捉えることができたよ」と満足げ。29日に開幕からの連続試合出塁が「27」で止まったが、力強く再スタートを切った。

試合結果へ