2014.4.29 05:04(3/3ページ)

阪神・和田監督、奪首自信!ゴメス&マートンでコイ3連倒や

阪神・マートン

阪神・マートン【拡大】

 嫌なイメージともオサラバする。和田監督はコイアレルギーの完全返上を誓った。

 「米子で2連戦(5月13、14日)があるが、そこから期間が空く(7月8-10、甲子園)から印象の残るゲームになる。後半の勝負所のためにも、悪いイメージが残らないように戦いたい」

 重い“コイ患い”が続いている。昨季は正念場の8月から3カード連続で負け越し、クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージでも2連敗。さらに、今季初対戦となったカード(15-17日、マツダ)でも1勝2敗と負け越した。

 どうにも分が悪い相手だが、チームは甲子園で8連勝中。広島との1戦目を取れば、優勝した2003年以来、11年ぶりの聖地9連勝となる。前日27日のDeNA戦(横浜)はミス連発で大敗したが、この日は甲子園で、若手野手も参加の指名練習を敢行。ふんどしを締め直した。

 和田監督は「甲子園でやることやし、しっかりとした野球をやるのが大前提。(広島は)波に乗っているし、状態の良いチーム。付け入るスキを与えない戦いをしたい」と力を込めた。3連勝なら、一気に奪首!! GM砲が搭載された和田丸が、少々飛ばなくなるボールと首位広島もろとも粉砕する。(栃山 直樹)

(紙面から)