2014.4.29 05:00

2位に大差!阪神、12球団トップ総得点162

練習する阪神・新井良=甲子園球場(撮影・山下香)

練習する阪神・新井良=甲子園球場(撮影・山下香)【拡大】

 阪神・和田豊監督(51)が28日、29日からの首位広島との3連戦(甲子園)で、昨年から続く“鯉の呪縛”を解くことを誓った。29日から飛びすぎていた統一球が基準内の反発係数に収まった適合球に切り替わるが、将はマウロ・ゴメス内野手(29)とマット・マートン外野手(32)の「GM砲」に自信。

 ◎…阪神のチーム打率・298はセ・リーグトップ(12球団1位はソフトバンクの・300)。総得点162は12球団トップで、1試合平均6得点。2位のヤクルト(128)に大差をつけている。2けた得点5回、2けた安打13回はともに12球団トップ

 ◎…打率はリーグ上位を占め、規定打席に到達している1-6番打者が3割台。マートン(・381、2位)、鳥谷(・364、3位)、新井良(・342、6位)、ゴメス(・336、8位)、上本(・333、9位)、大和(・300、16位)となっている

(紙面から)