2014.4.24 05:03(1/2ページ)

孤立無援…虎・メッセ、五回まで8Kゼロ封も六回暗転3失点

先発したメッセンジャーは6回3失点。援護のないなか、粘り抜けなかった(撮影・鳥越瑞絵)

先発したメッセンジャーは6回3失点。援護のないなか、粘り抜けなかった(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・リーグ、中日4-1阪神、5回戦、阪神3勝2敗、23日、ナゴヤドーム)1イニングの攻防が明暗を分けた。相手投手が踏ん張った六回の一死満塁。投げ終えたメッセンジャーは、下を向いてゆっくりベンチへ歩いた。

 「攻撃のリズムが悪かったとしても、自分はしっかり投球しないと。五回までよかったんだし」

 中日・川上との粘り合いで、前半の内容は明らかに上回った。だが、結果は逆。何度もピンチを死守したベテランに対し、助っ人は一瞬の隙を突かれて黒星を喫した。

 0-0で迎えた六回に、大島とルナの安打などで一死一、二塁。平田の四球で満塁としたところで、中西投手コーチがマウンドへ走った。「初球の入り方に気をつけろ」。注意された直後、その初球を痛打された。

 森野に投じた内角直球は中前への2点打。さらに1点を失い、この回で降板した。同コーチは「カリカリしていたな。バッテリーを含めてというところ」と、振り返った。

 D4位・梅野隆太郎捕手(福岡大)とは、開幕後初めてバッテリーを組んだ。春季キャンプから「キャッチングも打撃も、いい」と、お気に入りの相棒。2日前のブルペンでも受けてもらった。投球練習の後に配球の相談にも時間をかけたが、初コンビを勝利で飾れなかった。

【続きを読む】