2014.4.15 22:21(1/2ページ)

【和田監督、広島戦後一問一答】とにかく晋太郎に勝ちをつけて

ベンチの阪神・和田監督と中西コーチ=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

ベンチの阪神・和田監督と中西コーチ=マツダスタジアム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、広島2-8阪神、1回戦、阪神1勝、15日、マツダ)

 --藤浪が初勝利

 和田監督「1つ勝つまでは本人は気持ち悪いというか、1つ勝つのは大変なんだ」

 --藤浪は前回登板と比べて

 「きょうは初回から腕も振れていたし、変化球もほとんど低めに集まっていた。内容としてもよかった」

 --七回で藤浪を代えた。勝ち星をつけたかった

 「それもあるし、きょうの展開だと、あそこでいいんじゃないかな」

 --鶴岡と初コンビ

 「気分転換じゃないけど、(藤井との)コンビで勝ててなかったから。これは藤井がどうのこうのじゃないけど。一度、ファーム、中日戦かでコンビを組んでいて内容もよかったから。藤井と違ったようなリードで晋太郎も新鮮というか、いい意味でのいつもと違う感じがあったかな」

 --藤浪は七回がこれまで難所だった。きょうの投球をみて克服できたか

 「きょうはとにかく晋太郎に勝ちをつけて、次からは変わってくると思うんで。いかせるところはいかせる。きょうは悪いから降ろしたというわけじゃない」

【続きを読む】