2014.4.11 05:03(1/2ページ)

でかした二塁打3本!阪神・新井良、ミスターダブル襲名だ!!

九回、先頭で右中間への二塁打で出塁した新井良。3本目の二塁打でサヨナラ勝ちにつなげた(撮影・鳥越瑞絵)

九回、先頭で右中間への二塁打で出塁した新井良。3本目の二塁打でサヨナラ勝ちにつなげた(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神6x-5DeNA、3回戦、阪神2勝1敗、10日、甲子園)ミス連発でよどんだ空気を新井良が払拭した。まるでエンジンが搭載されているかのような打球が右中間を割った。九回先頭で3本目の二塁打。サヨナラ劇をおぜん立てした背番号「32」がミスターダブルを襲名だ。

 「何でもとにかく塁に出ようという気持ちが、ああいう結果になりました」

 制球に苦しむDeNAの3番手右腕・ソーサの内角直球をおっつけた。肌を切り裂くような春らしからぬ風を切り裂き、右中間へ。球場のムードを再び高め、上本のサヨナラ打につなげた。

 ミスを取り返した。鶴岡の同点適時打が飛び出した六回無死一、三塁で、三走だった良太は代打・新井への三嶋のワンバウンド投球で本塁へ突入したが、スタートを躊躇(ちゅうちょ)したこともあって本塁憤死。勝ち越しの絶好機を逃した。「走塁で一番大事なところで、絶対にやってはいけないことだった。あそこで走塁ミスがなければ、こういう試合にならなかったかもしれない」。汚名返上の一打だった。

【続きを読む】