2014.4.7 14:01(1/2ページ)

【和田監督、甲子園での戦い前日一問一答】DeNA・久保との対戦「敵は敵」

練習で甲子園入りした阪神・和田監督=甲子園球場(撮影・安部光翁)

練習で甲子園入りした阪神・和田監督=甲子園球場(撮影・安部光翁)【拡大】

 --甲子園での戦いが始まる

 「京セラドームで(ホームの)開幕はしているけど、本当にそういう気持ちになれないし、あした(8日)から開幕ぐらいの気持ちでやっていきたい」

 --器が変わると攻め方も変わるか

 「それもあるが(投手陣の)状態を上げていかないと。状態を上げないと攻め方だって、そこに投げられる投げられないというのがある。状態を上げる方法はいろいろあるんだろうが、その中の1つに器が大きくなるのがる。思い切っていけるだろうし。多少点が取れているからいいけど、歯車という点でずっと打てるわけはないんだから」

 --伊藤和は

 「もちろん、選択肢の1つ。状態が良いというのは聞いているし、どの段階でもってくるか、というのは頭の中にある」

 --きょうすぐに、というわけではないのか

 「それはない」

 --現状は今のメンバーでと

 「じゃないと、取っ替え引っ替えでは腰を据えて戦えない。もちろん、悪ければ代えることも必要だけど」

 --この2年は甲子園で勝ち越せていないが

 「どのチームもそうだが、対戦カードが一回りするまではいろんなことが起こる。その一回りの中で腰を据えるものができるのがベスト。その間は何とか5割付近をキープして『これでいく』というのを作っていきたい。まだ、その日その日で違った顔になっている」

【続きを読む】