2014.4.5 12:00(1/2ページ)

マー君、先頭打者弾浴びるも7回6安打3失点でメジャー初勝利

マー君、先頭打者弾浴びるも7回6安打3失点でメジャー初勝利

特集:
田中将大
2回、投球するヤンキース・田中将=トロント(撮影・川口良介)

2回、投球するヤンキース・田中将=トロント(撮影・川口良介)【拡大】

 ブルージェイズ3-7ヤンキース(4日、トロント)米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(25)が、敵地トロントでのブルージェイズ戦に先発し、メジャーデビューを果たし7回6安打3失点で初勝利。日米通算100勝を達成した。

 一回に2点の援護をもらった田中がついにメジャーのマウンドに立った。1番の左打者カブレラに対する記念すべきメジャー第1球。真ん中低めへ149キロ真っすぐをズバッと投げ込んだ。だが、3球目の高めに抜けた138キロのスプリットを右中間越えに運ばれる先頭打者本塁打を浴びた。

 それでも2番ラスマスを1球で一ゴロに仕留めると、ブ軍の誇る3番バティスタを外角138キロのスライダーで見逃し、4番エンカーナシオンは138キロで空振りと2者連続三振に斬った。

【続きを読む】

  • 1回、先頭打者に本塁打を打たれ、首を傾げるヤンキース・田中将=トロント(撮影・川口良介)
  • 2回、スタンドから祈るように見つめる、ヤンキース・田中将の夫人・里田まい=トロント(撮影・川口良介)
  • 2回、追加点を奪われ逆転されるヤンキース・田中将=トロント(撮影・川口良介)