2014.3.24 05:01

阪神D4・梅野が開幕1軍!西田、田上は2軍濃厚

特集:
2013ドラフト会議
金田(左)と阪神・梅野=京セラドーム大阪(撮影・鳥越瑞絵)

金田(左)と阪神・梅野=京セラドーム大阪(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 阪神は23日、オリックスとのオープン戦(京セラD)のあとにコーチ会議を開き、28日の開幕1軍メンバーの大枠を決定。ドラフト4位の梅野隆太郎捕手(22)=福岡大=が、激戦区の捕手枠「3」の中に入ったことが明らかになった。

 ルーキーながら抜てきとなった梅野は、この日の試合で五回に代打で登場。2度の打席とも遊ゴロに倒れたが、マスクを被った以降のイニングは3人の投手を好リード。無安打無失点に導いた。

 「1軍で生き残るためにアピールしたかった。守りでゼロに抑えられたことがよかった」

 残りの2枠は、正捕手候補の藤井彰人捕手(37)と清水誉捕手(29)。一方、1軍帯同していた西田直斗外野手(20)、田上健一外野手(26)は開幕メンバーから漏れることが濃厚になった。

(紙面から)