2014.3.24 05:02(1/2ページ)

大丈夫か?虎・ゴメス3三振…ボール球にバット止まらず

八回に3つ目の三振を喫したゴメスはこの表情(撮影・白鳥恵)

八回に3つ目の三振を喫したゴメスはこの表情(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (オープン戦、オリックス3-1阪神、23日、京セラドーム大阪)大丈夫か。いや、何とかしてくれよ、ゴメス!

 親子連れが目立つ京セラドームは期待と不安が混在した微妙な空気に包まれた。4打席すべてに走者を置いたが、無安打3三振。オープン戦最終戦でのその姿に、虎党のため息がもれた。

 「振ってはいけない球に手を出してしまった。泣いても笑ってもシーズンは始まる。準備する」

 3・28の開幕巨人戦(東京D)に向け、1軍での最終調整は散々だった。一回二死一塁は右腕ディクソンにシュート系の内角球を4球続けられ、最後は外角132キロカーブで空振り三振。三回一死三塁ではオールカーブに三球三振。六回無死二塁でもカーブに崩され二飛。八回二死二塁ではスライダーに空を切った。昨季3Aで29発の大砲は米国時代もいわゆる三振か本塁打タイプだったが、それにしても…。

【続きを読む】