2014.3.22 10:58

駒大苫小牧が創成館下す、伊藤大が完封/センバツ

駒大苫小牧が創成館下す、伊藤大が完封/センバツ

 第86回選抜高校野球大会第2日第1試合(駒大苫小牧3-0創成館、22日、甲子園)9年ぶり3度目出場の駒大苫小牧(北海道)が、昨年に続く2度目の出場となる創成館(長崎)を3-0で下した。

 2004、05年に夏の甲子園で2連覇した駒大苫小牧は2年の伊藤大が、甲子園初勝利を狙う創成館は広渡が先発。駒大苫小牧は三回に9番・伊藤大が中堅頭上を越える三塁打で一死三塁とし、続く1番・伊藤優の左前適時打で先制した。さらに、連続四球で二死満塁とすると、創成館・広渡から押し出しの四球を選び2点目をあげた。五回には、二死から4番・若松が三ゴロエラーで出塁。5番・釜谷の右前打、相手の暴投などで二死二、三塁から6番・鈴木の左前適時打で1点を加え3―0とリードを広げ、そのまま逃げ切った。

創成館・稙田監督の話「相手投手が思った以上で、最後まで狙い球を絞れないままだった。五回に取られた1点が痛かった」

創成館・牧野主将の話「まずは1点を取って流れを持ってこようと言っていたが、自分たちから崩れてしまった」

駒大苫小牧・新山捕手(伊藤大を好リード)の話「インコースを丁寧に使い、外も生きた。伊藤大はスライダーと真っすぐがさえていた」

試合結果へ

試合日程へ