2014.3.20 05:02

阪神・ゴメス、2日で内野安打3本「まだタイミングが合わない」

内野安打を放ったゴメス。前日に続いて3本目だ

内野安打を放ったゴメス。前日に続いて3本目だ【拡大】

 (オープン戦、ロッテ3-4阪神、19日、QVCマリン)バットを折りながらも、「H」ランプは光った。一日一善? オープン戦初出場のゴメス(前ナショナルズ)が、開幕に向けて前進した。

 「(カウント)3-2までいった打席もあるし、たくさんのボールが見れたのはよかったよ」

 六回先頭の第3打席で、2球目のスライダーをバットの先でひっかけて三塁内野安打。打球はグラブの先をはじき、オープン戦初安打となった。

 二回先頭の第1打席は三ゴロ。第2打席は無死一、二塁の好機で浅い右飛に倒れた。快音はなかったが、いずれもフルカウントからの6球目。実戦ならではの厳しい内角攻めにもファウルで食らいついた。

 右ひざの回復は順調で、14日にシート打撃を行った。15、16日に2軍戦に出場。17日に合流して、前日18日のヤクルトとの練習試合(神宮)では全力疾走も披露した。2日で内野安打3本という珍しいケースだが、毎日一歩ずつ前進しているのは事実だ。

 「何度も言っているけど、まだタイミングが合わないから、ミスショットもある。打席に立って慣れていきたいね」

 オープン戦は残り4試合。その後は2軍戦にも参加する予定で、ペースを上げていく。

試合結果へ

(紙面から)