2014.3.18 17:56

阪神・藤浪、燕のミレッジ&畠山に一発浴びて6回5失点

ヤクルト戦に先発した藤浪(撮影・安部光翁)

ヤクルト戦に先発した藤浪(撮影・安部光翁)【拡大】

 阪神・藤浪晋太郎投手(19)が18日、無観客で行われたヤクルトとの練習試合(神宮)に先発し、6回を6安打5失点だった。

 二回にミレッジに左翼越えソロ、六回には二死一、三塁から畠山に左中間へ3ランを浴びた。球数は85球。省エネピッチに一定の手応えを感じながらも、「いいボール悪いボールがハッキリしていた部分があった」と課題も口にした。

 右腕は開幕4戦目、4月1日の中日戦(京セラドーム)に登板予定。