2014.3.18 05:05(2/3ページ)

開幕へ超速仕上げ!阪神・ゴメス、たった10日で「間に合わす」

フリー打撃で11発のサク越えを放ったゴメス

フリー打撃で11発のサク越えを放ったゴメス【拡大】

 これまでの虎打線になかったものが、はっきり見えた。際立つパワーは、さすが。右ひざの故障から復帰したゴメスが1軍に合流した。神宮の外野席中段に次々と飛び込む白球は「開幕4番」への決意表明となった。

 「いい球場だと思うし、いい打撃練習ができたよ。しっかり開幕に合わせていきたいね」

 何度も戦う燕の本拠地は気に入った様子。何よりも、出遅れていた主砲の口から「開幕」の2文字が聞こえたのは朗報だ。右ひざも回復して、それだけの状態になったということ。打撃ケージに入ると、他のナインとは一味違う弾道で存在感を示した。

 フリー打撃の2球目でバックスクリーン左にアーチをかけると、芯でとらえた打球の大半がスタンドに飛び込んだ。中越えに3本、左中間へ3本、左に5本。すべてがフェンスのはるか上を越えた。49スイングで11発。後半は右方向への長打も目立った。

 「調子が悪いと、どうしても引っ張っちゃうけど、いい時にはどの方向にも打てる。こういう形で打っていきたいね」

 万全をアピールして、無観客で行う18日のヤクルトとの練習試合に出場する。1軍デビューは「4番・一塁」が濃厚。最初から守備にもつき、28日の開幕戦(巨人戦、東京D)に向けて、急ピッチで仕上げる。

 練習を見た和田監督も助っ人の体は不安視しなかった。「もともと広角に打てる打者。あとはゲームでいろんなことを解消していくしかない。生きた球を見て打っていかないと」と先を見た。1軍の実戦は残り6試合。できるだけ早く試合勘を取り戻すために、首脳陣もバックアップする。オープン戦は23日で終了するが、25日からのウエスタン・中日3連戦(ナゴヤ)にも派遣することを明かした。

【続きを読む】