2014.3.17 05:03(1/2ページ)

阪神・榎田、G斬りへ手応え!6回4K自責ゼロ「役割果たせた」

阪神・先発の榎田=西武ドーム(撮影・安部光翁)

阪神・先発の榎田=西武ドーム(撮影・安部光翁)【拡大】

 (オープン戦、西武1-1阪神=九回規定により引き分け、16日、西武ドーム)貧打にあえぐ打線とは対照的に、虎投は順調に仕上がってきた。先発した榎田が、6回を2安打4奪三振1失点。自責は0と、力のある直球と制球された変化球で、獅子を翻弄した。巨人との開幕3戦目(30日、東京D)の先発は、17日にも通達される。もちろん準備は万端だ。

 「自分なりにしっかりゲームは作れた。先発の役割は果たせた。真っすぐでファウルを取れましたし、そういう意味ではよかった。しっかり調整は出来ている。このままいい準備が出来れば」

 確かな手応えを口にした。一回は、一死から2者連続四球と不安定な立ち上がりだったが、後続を斬り、無失点。二回以降は右打者にシュートとフォークを効果的に使い、凡打の山を築いた。

【続きを読む】