2014.3.14 09:42

鷹・デホ大不振!打率・130が体重130キロに並ぶ

1回、三振したソフトバンク・李大浩(イ・デホ)=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)

1回、三振したソフトバンク・李大浩(イ・デホ)=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)【拡大】

 ソフトバンク・李大浩のオープン戦打率が、自身の体重と同じ「130」まで落ち込んだ。「4番・一塁」で先発出場するも3打数無安打。オープン戦は通算23打数3安打、0打点で打率・130となった。

 「ダイジョウブ。(開幕は)28ニチ!」

 3年契約最大16億円の超大型契約で加入した4番候補は余裕の表情をみせた。オリックス時代の2年間の通算打率・294、308安打、48本塁打、182打点を誇った韓流大砲が低空飛行だ。

 秋山監督は「李大浩サン、いい当たりもあった。打ち損じがある。これから上げて行ってくれるでしょう」と変わらぬ信頼を寄せた。

 李大浩が不振でもチームは引き分けを挟み7連勝中。4番が本領発揮すれば、まさに最強チームとなる。 (長友 孝輔)

(紙面から)