2014.3.9 19:02

明大・山崎が今季初登板、今秋ドラフト注目でスカウト11人集結

特集:
2013ドラフト会議
明大・山崎福也投手は、駒大とのオープン戦に今季初先発し、4回を1安打1失点(撮影・赤堀宏幸)=府中市の明大グラウンド

明大・山崎福也投手は、駒大とのオープン戦に今季初先発し、4回を1安打1失点(撮影・赤堀宏幸)=府中市の明大グラウンド【拡大】

 今秋のドラフト注目の明大の左腕・山崎福也投手(21)が9日、東京・府中市の明大グラウンドで行われた駒大とのオープン戦に今季初先発した。

 国内5球団11人のスカウトが見守る中、右の大砲としてプロ注目の駒大の4番・江越大賀外野手をフォークで空振り三振、直球で右飛に抑えるなど4回1安打5三振1失点の内容だった。

 ことしは大学生の投手を中心に“豊作”が予想される中、視察したソフトバンク・永山スカウト部長は「山崎は、フォークや変化球を器用に投げている。素晴らしい投手」と評価した。試合は七回に逆転し5-2で明大が勝利を挙げた。