2014.3.9 05:03(1/3ページ)

2軍戦で結果出せ!阪神、ゴメスの15日からの1軍帯同構想撤回

寒風の吹く鳴尾浜で練習中、火鉢で手を温めるゴメス(撮影・白鳥恵)

寒風の吹く鳴尾浜で練習中、火鉢で手を温めるゴメス(撮影・白鳥恵)【拡大】

 右ひざの張りで別メニュー調整をしている阪神の新外国人、マウロ・ゴメス内野手(29)=前ナショナルズ=が“助っ人特権”をはく奪されたことが8日、明らかになった。首脳陣は、初の実戦を1軍のオープン戦ではなく教育リーグからスタートさせる方針を固めたことが判明。そこで結果を出さなければ1軍昇格はない。開幕スタメンへの道はますます遠くなった。

【続きを読む】