2014.3.8 05:02

阪神・和田監督、ゴメスの2軍扱い示唆「本隊とは離れてやります」

長打力期待のゴメスは調整遅れで鳴尾浜の室内で打ち込み

長打力期待のゴメスは調整遅れで鳴尾浜の室内で打ち込み【拡大】

 右ひざの張りで調整が大幅に遅れている阪神の新外国人、マウロ・ゴメス内野手(29)が9日に鳴尾浜で屋外フリー打撃を再開することが7日、分かった。鳴尾浜室内で打撃練習などで汗を流し「日に日によくなっている。いい感じだ」と強調した。和田監督とは前日6日に面談し「急がず、しっかり準備しろ」といわれたという。

 28日の開幕巨人戦(東京D)まで残り3週間となったが、いまだ実戦出場がない状況。甲子園でのオープン戦を終えた指揮官は「(1軍)本隊合流してどうのこうのというレベルまできていない。ただ、こっち(12日の広島戦まで)にいる間に1回は見たい。それ以外は本隊とは離れてやります」と今後は2軍扱いとなることを示唆した。

(紙面から)