2014.3.3 05:01

阪神・呉、日韓のマウンドの違い「言うと言い訳になってしまう」

 阪神・甲子園室内練習(2日)正捕手候補の藤井に負けず劣らず、阪神・新守護神の呉昇桓もかなりの“男前”だ。甲子園練習に参加した呉は、日韓のマウンドの違いを聞かれると「韓国でもホームとビジターでは違う。(他球団のマウンドを)チェックはしたいと思うが、それをどうこう言うと、言い訳になってしまうから」と力強く話した。この日は、室内で連係プレーの確認や屋外でのランニングなど、軽めのメニューを消化。帯同予定の福岡遠征(4、5日、対ソフトバンク)に備えた。

(紙面から)