2014.3.2 05:02(3/3ページ)

いけるやん!虎・岩崎、堂々3Kでローテ候補に名乗り

特集:
2013ドラフト会議
四回から2番手で登板したルーキーの岩崎。3回を無失点の好投をみせた(撮影・白鳥恵)

四回から2番手で登板したルーキーの岩崎。3回を無失点の好投をみせた(撮影・白鳥恵)【拡大】

 「コントロールもいいし、球のキレも。ほとんど構えた付近にいっていたし、タイミングがとりづらいんだろうね。ゆったりとしたモーションで腕の振りもよく、向かっていく感じはあったね」

 次々に賛辞の言葉が並ぶ。さらに「先発させてみたいな、という感じを受けた」。D1位・岩貞祐太投手(横浜商大)がひじの張りで出遅れるなか、6位ながらもキラリと光る原石を発見だ。

 サッカーの名門、清水東高時代は甲子園に縁はなく、国士舘大は東都2部。リリーフとして活躍したが、上位候補で注目される存在ではなかった。それでも虎将の前で頼もしさをみせつけた。

 「低めに投げたボールはある程度通用しました。今日やったことを継続していきたい」

 次回は先発で3回を任される予定。掛布DCはD6位からミスタータイガースに昇り詰めたが、D6位の投手が大成した例はない。新たな歴史を作る。岩崎の挑戦が始まった。

  (柏村 翔)

データBOX

 ◎…阪神のドラフト6位で入団した出世頭と言えば、本塁打王3度、打点王1度のミスタータイガースと呼ばれた掛布雅之(1974年)。下位指名から活躍した投手は、93年に抑えとして22セーブを挙げた田村勤(91年D4位)、98年にノーヒットノーランを達成した川尻哲郎(95年D4位)、JFKの一角を担い、2007年にシーズン最多の90試合に登板した久保田智之(03年D5巡目)らがいる。

岩崎 優(いわざき・すぐる)

 投手。1991(平成3)年6月19日、静岡県生まれ、22歳。清水東高、国士舘大を経て、2014年ドラフト6位で阪神入団。昨季東都2部春季リーグ戦で11試合に登板し、4勝2敗、防御率1・60。秋季リーグ戦では9試合に登板し、0勝3敗、防御率2・03。1メートル84、81キロ。左投げ左打ち。年俸660万円。背番号「67」

(紙面から)