2014.2.25 05:05(3/3ページ)

“家政夫”がキタ!阪神・呉昇桓、有能世話人と3月中旬同居へ

11年2月サムスン在籍時、練習試合でオリックスの李承●(=火へんに華)と対戦した郭氏(左)

11年2月サムスン在籍時、練習試合でオリックスの李承●(=火へんに華)と対戦した郭氏(左)【拡大】

 呉は大阪市内に住み、江口専属通訳も同市内にマンションを借り「寝るとき以外は、ずっと一緒にいます」と密着サポートを約束している。だが、郭氏は「寝るとき」まで、一緒。料理は得意だといい、呉にとっては大好きなキムチチゲや海老チャーハンを自宅で気兼ねなく、堪能できるはず。よき相談相手にもなってくれるだろう。すでに、チームメートに溶け込んでいる背番号「22」とはいえ、1人より、2人、気を許せる仲間が多いに越したことはない。

 そんな、強力援軍を受ける男はまず、25日の韓国LG戦(宜野座)に集中する考え。ノースロー調整で昨季2位だったライバルとの一戦に備えた。

 「試合前だから投げなかったというわけではなく、自分のタイミングでやらなかった。(LGはすでに状態が)仕上がっているチームですから。本塁打を打たれないようにしたい」

 前回20日の紅白戦では新井に1発を食らっただけに、ニガ笑いを浮かべ、己を戒めた。有能な世話人の後方支援がある。クローザーの任務を全うし、新天地で優勝に貢献すべく、いまは階段を一歩ずつ上っていく。(小松 真也)

呉 昇桓(オ・スンファン)

 投手。1982年7月15日、韓国生まれ、31歳。2004年にサムスン入団。1年目から抑えとして活躍し、韓国シリーズMVP。08年北京五輪、06年、09年、13年WBC韓国代表。通算444試合登板、28勝13敗277セーブ、防御率1・69。昨年12月4日、阪神と契約。1メートル78、92キロ、右投げ右打ち。年俸3億円。背番号「22」

春季キャンプ日程へ

(紙面から)