2014.2.21 12:34

大谷、22日ロッテ戦先発! 井上との『二刀流vs似刀流』実現

特集:
2013ドラフト会議
ブルペンで投球練習をする日本ハム・大谷=名護(撮影・荒木孝雄)

ブルペンで投球練習をする日本ハム・大谷=名護(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 日本ハム・大谷翔平投手(19)が22日のオープン戦初戦となるロッテ戦(沖縄・名護市営球場)に先発登板する。21日午前には投内連係のサインプレーなどを確認後、ブルペンに入り35球の投球練習。力のある真っすぐを中心に最終調整を行った。

 「投手・大谷」にとっては、ロッテ戦が今季3度目の実戦登板。過去2度のマウンドで、最高球速は早くも151キロに達しており、“スピード更新”に期待がかかる。

 また、ロッテは人気女子プロレスラー、アジャコング似のドラフト5位・井上晴哉内野手(24)=日本生命=が『5番・一塁』でスタメン出場予定。20日に行われた日本ハムとの練習試合(名護)では、増井から本塁打を放つなど引き続き好調をキープしており、『二刀流vs似刀流』のガチンコ勝負にも注目だ。