2014.2.17 05:05(2/3ページ)

阪神・掛布DC、今成にMVP授与!「完璧でしょう」

一回、右翼へ二塁打を放った今成。2安打と好調を持続(撮影・鳥越瑞絵)

一回、右翼へ二塁打を放った今成。2安打と好調を持続(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 黄色のジャケットにグレーのパンツ-。虎カラーを意識した私服姿でDeNAとの練習試合を見守った掛布DCは納得の表情だった。シュアな打撃で、3打数2安打と結果を出した今成に“掛布MVP”を授与した。

 「去年から彼のバットコントロールは誰もが認めていますからね。サードにコンバートということで気持ちが前に向いていますよね。最初の一塁線のツーベースなんかは体も上手く使えているので完璧でしょう。MVP? 森田か? 今成やな。今成!!」

 3度の本塁打王が合格の免状を与えたくなるような内容だった。一回二死、先発・加賀が投じた内角127キロの球をとらえ、右翼線二塁打。五回の第3打席にも3番手・井納の外角143キロの直球に逆らわずに左前へ弾き返した。14日の韓国サムスン戦でもチーム1号となる一発を含む3安打を放っている。新井良と争う三塁のレギュラー争いも大前進だ。

 掛布MVP受賞を伝え聞いた今成は「トロフィーもらえるんですかね(笑)。気にかけていただいているので、なんとか結果で応えたい」とさらなる活躍を誓った。

【続きを読む】