2014.2.10 05:02(3/3ページ)

掛布DC絶賛!阪神・北條、ヒットパレードで猛アピール

シート打撃で4安打した北條(左)に蹴りを入れる阪神・掛布DC=高知県安芸市(撮影・中川春佳)

シート打撃で4安打した北條(左)に蹴りを入れる阪神・掛布DC=高知県安芸市(撮影・中川春佳)【拡大】

 甲子園で4発を放ち、鳴り物入りで入団したが、1年目の昨季はウエスタンで84試合に出場し、打率・199、1本塁打、20打点に終わった。プロで生き抜くため、今キャンプは同DCとともに打撃改造に取り組んだ。両ひざを柔らかく使う新打法で速球や変化球への対応力が身についた。11日の西武との練習試合(春野)にも期待がかかる。

 北條は「ホームランが一番いいですけど。フォームを崩れないようにしたい」と意気込んだ。1年目から10勝を挙げた同期の1位藤浪から遅れること1年。掛布DCの薫陶を受けた2年目の若虎が覚醒の予感を漂わせている。(柏村 翔)

北條 史也(ほうじょう・ふみや)

 内野手。1994(平成6)年7月29日、大阪府生まれの19歳。光星学院高(現八戸学院光星高)では、2012年の夏の選手権大会で4番打者を務め、大会4本塁打を放つなど準優勝に貢献。13年D2位で阪神に入団。昨季ウエスタンで84試合に出場し、打率・199、1本塁打、20打点。1メートル77、74キロ。右投げ右打ち。年俸720万円。背番号「2」

春季キャンプ日程へ

(紙面から)