2014.2.10 05:01

阪神・和田監督、藤浪の進化体感「内容が濃くなっている」

投球する阪神・藤浪=宜野座村営野球場(撮影・鳥越瑞絵)

投球する阪神・藤浪=宜野座村営野球場(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 阪神春季キャンプ(9日、沖縄・宜野座)藤浪がブルペンで67球を投じ、真っすぐ、変化球の感触を確かめた。途中には和田監督が打席に立つ場面も。「あまり関係はないです」と冷静に話したが、1年ぶりに打席からボールをチェックした指揮官は「いやらしさを残したまま、内容が濃くなっているよね。右打席に立ったときは怖さがあるから。球が(昨年と)違うわ。回転も重さもそうだし、今年どれだけやってくれるかというのをますます感じました」と絶賛。藤浪の進化を体感し、さらに期待を大きくしていた。

春季キャンプ日程へ

(紙面から)