2014.2.4 05:03(3/4ページ)

恐怖の1番や!阪神・西岡、右打席で長打力アップ証明4発

撃練習する阪神・呉昇桓=宜野座村(撮影・彦野公太朗)

撃練習する阪神・呉昇桓=宜野座村(撮影・彦野公太朗)【拡大】

 ロッテ時代は、2008年から3年連続の2けた本塁打も記録した。アーチも昨季の4本(右で1本、左で3本)から増やすことは、難しい目標ではないが、スタイルを変えるわけではない。

 「ホームランバッターじゃないから、そこだけ間違えずにやります」

 ヒットマンの本分は忘れず、二塁打や三塁打、一発を増やしていくつもり。この姿勢を指揮官も歓迎した。

 「最初にガーンといかれるのは、相手投手に恐怖感や(後続への)投げづらさを与えられる。バントや盗塁をしないでも二塁にいってくれるわけやから。その中で何本か先頭打者弾というのも出てくるだろうし」

 一発の脅威もある1番打者が理想。優勝した1985年には真弓明信が、2003年には今岡誠が打線をけん引した。オープン戦で鳥谷の「1番」も試す予定だが、大本命の西岡に背番号7の系譜を次ぐ、飛距離の魅力が加われば、迷う必要はなくなる。“本領発揮”を目指すリードオフマンは、集中力を保ったまま車に乗った。

【続きを読む】