2014.2.2 05:03

ヤクルト・小川、ダル直伝カットも投げた「伸びながら曲がる」

スプリットを投げるヤクルト・小川=浦添市民球場(撮影・中鉢久美子)

スプリットを投げるヤクルト・小川=浦添市民球場(撮影・中鉢久美子)【拡大】

 ヤクルト・小川泰弘投手(23)が沖縄・浦添キャンプの1日、米大リーグ、レッドソックスの上原浩治投手(38)から教わったスプリット・フィンガード・ファストボール(SFF)を解禁するなど45球の投球練習を行った。小川は、レンジャーズ・ダルビッシュから教わったカットボールも投げた。上原のSFFと同様に、1月に本人から直伝されたもので「ダルビッシュさんのカットボールは速くてスピンがかかっていて、伸びながら曲がる感じ。あまり失速しない」という。ライアンが貪欲に取り入れた知識、技術は、果たして、どんな“化学変化”を起こすのか-。

春季キャンプ日程へ

(紙面から)