2014.1.30 05:05(3/3ページ)

ゴメスと最強GM砲結成や!阪神・マートン、V奪回へ決意の来日

来日した阪神・マートン=29日、関西国際空港(撮影・山下香)

来日した阪神・マートン=29日、関西国際空港(撮影・山下香)【拡大】

 M砲自身、「来年はどうなるかわからないが、タイガースで続けてプレーできたらいい」と口にした。阪神でのプレー継続のためには、ゴメスとの共闘で9年ぶりのV奪回が必須だ。夫人の出産に立ち会うため、来日が遅れるG砲だが、中村GMは「第2クールには間に合いそうだ」といい、遅くとも7日から合流する見通しを示した。もちろん、遅れた分もサポートする。

 今季、和田監督は「4番・ゴメス」「5番・マートン」という打順を描いている。過去、優勝年には最強の4、5番タッグがいた。とくに05年の金本&今岡は、2人で272打点を稼いだ。14年はGM砲で再現する。

 準備もできている。昨年12月から打撃練習を始め、打撃投手相手のフリー打撃も行ってきた。加えて「下半身を重点的に鍛えてきた。昨季後半は上半身とのバランスがうまくできていなかったから」と手応えもある。

 「2月1日が楽しみだね」

 最後にニヤリと笑みを浮かべたマートン。GM砲のバットでセ界制覇への道を切り開く。最強助っ人コンビの躍動を虎党も楽しみにしている。(西垣戸 理大)

★阪神・2005年の4、5番VTR

 阪神がリーグ制覇したこの年、金本知憲が「4番・左翼」、今岡誠は「5番・三塁」として全試合先発出場。金本は打率・327、40本塁打、125打点でMVPを受賞。今岡は打率・279、29本塁打、147打点(球団記録)で打点王に輝き、ともにベストナインに選出された。ともにチャンスに強く、満塁時の金本は打率・529、2本塁打。今岡は打率・600、4本塁打と驚異の数字を残している。

マット・マートン(Matt Murton)

 外野手。1981年10月3日、米フロリダ州生まれ、32歳。ジョージア工科大からカブス、アスレチックス、ロッキーズを経て、2010年に阪神入り。1年目からシーズン最多記録となる214安打を放ち、翌11年も最多安打を獲得。昨季は111試合で4番を務め、3度目の最多安打を獲得した。外野手でベストナイン2度。1メートル85、99キロ。右投げ右打ち。年俸3億5000万円。背番号「9」

(紙面から)