2014.1.28 05:02

素振り1000回せんかい!阪神・掛布DC、重要性を力説

鳴尾浜を視察した掛布DC。右は横田、左は北條

鳴尾浜を視察した掛布DC。右は横田、左は北條【拡大】

 1日1000スイング指令だ!! 阪神・掛布雅之GM付育成&打撃コーディネーター(58)=DC=が27日、鳴尾浜で行われた自主トレを視察。自身の現役時代は、当時の山内一弘打撃コーチのもと「毎日1000回は素振りをした。昔はよく振っていた」と振り返り、素振りの重要性を力説した。

 「『足の裏で土をつかむ感覚』と言うでしょ? 足の裏で重心を感じることは、大切」

 バットを振って、振って、振ることで、力の強弱や体重移動の感覚を体にたたき込む。そんなミスタータイガースの思いを受けて、2月1日からの高知・安芸キャンプでは宿舎内で朝の素振りがメニューに組み込まれることになった。「平田(2軍監督)には是非、やってほしいと言った。(朝の素振りで)いい1カ月が送れると思う」。

 基本は安芸キャンプを見る掛布DCだが、同12日からは沖縄へ。安芸だけでなく、宜野座にいる若虎にも『振るキャンプ』を求めていく。(柏村 翔)

(紙面から)