2014.1.19 05:03(2/3ページ)

燕D3位・秋吉、高津コーチ+建山先輩=でんでん太鼓投法!

現役時代の高津臣吾

現役時代の高津臣吾【拡大】

 高津新投手コーチらズラリと並ぶ首脳陣の視線を浴び、期待の変則サイドハンドがベールを脱いだ。秋吉が初のブルペン入り。捕手を立たせたまま30球、右腕をしならせた。

 「きょうは6割くらい。初めて見ていただけるのはうれしかったですが、意識しすぎないようにしました」

 球の出所が見づらい右横手投げで、グラブを持つ左手を胸に引き寄せずに、流れるのが特徴。投手に転向した足立新田高時代から変わらぬ独特なフォームで「イメージとしてはでんでん太鼓の原理ですね。ちょっと変に見えますが体の自然な動きなので」という『でんでん太鼓投法』だ。

【続きを読む】