2014.1.16 05:00

阪神・掛布DC「グラティは選手が考えてくれれば」

懇親会に参加した掛布DCは、この笑顔

懇親会に参加した掛布DCは、この笑顔【拡大】

 阪神・掛布DCが15日、西宮市内での球団懇親会に出席。今季も継続が決定的な阪神ナインのパフォーマンス「グラティ」について、「僕は『やめろ』と言ったことはない」と自身の立ち位置を説明した。

 「テレビ番組で『伝統ある阪神として敬意を持たないといけない』と、一OBとして話をさせていただいたことがあったが、僕個人がどうこう言うことではない。そういうのも踏まえて、球団や選手が考えて決めていけばいいと思う」

 グラティは今オフ、掛布DCや他のOBらの声もあり、一旦白紙となったが、試合展開や相手に配慮することで球団が了承。今後は選手間で「やり方」を決めることになる。沖縄で自主トレ中の発案者の1人、関本は「自然に決まるのが一番いいけど、明るさは失ったらだめ」と話した。

(紙面から)