2014.1.7 15:23

西武・脇谷は背番号「7」、涌井の人的補償では中郷を獲得

脇谷亮太

脇谷亮太【拡大】

 西武は7日、国内フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した片岡治大内野手(30)の人的補償で脇谷亮太内野手(32)。ロッテに移籍した涌井秀章投手(27)の人的補償で中郷大樹投手(29)の獲得が合意に達したと発表した。背番号は脇谷が「7」。中郷が「39」を予定している。

 鈴木葉留彦球団本部長は「脇谷は守りはユーティリティで、勝負強い打撃で、左打者が手薄なので。中郷は毎年ウチの課題である、中継ぎでフル回転してほしい」と獲得を決めた理由を説明した。

脇谷の話「急なことで寂しいというのが率直な気持ちだが、気持ちを新たに心機一転頑張るだけ。プラスに捉えて、競争は絶対あると思うが、そこを勝ち抜いていかないといけない」

中郷の話「プロ野球の世界にいる以上、こういうことが起こることは覚悟している。今は寂しいのが正直なところ。プロの世界に入るチャンスを頂いたロッテに感謝している」