2014.1.4 05:02(3/3ページ)

阪神D4・梅野、中谷“監視トレ”で激震200スイング!

カメラマンのカメラを借り、阪神・中谷が梅野を撮影=福岡大学野球場(撮影・中谷将大)

カメラマンのカメラを借り、阪神・中谷が梅野を撮影=福岡大学野球場(撮影・中谷将大)【拡大】

 「(中谷は)スイングスピードが、高校のときと変わってますね」

 プロ3年分の成長に、驚きを隠せなかった。地元・福岡で後輩と汗を流す-。そこには球団の思惑があった。球団関係者によると発案は2人の担当の田中スカウト。梅野がプロのノウハウを少しでも早く吸収できるように、合体させたのだ。

 中谷は現在、外野手に転向も元々は捕手。共に青春時代に汗を流した後輩が“先生役”となれば、自然と力が入る。「(互いに)手を抜けないでしょ」と笑った同関係者だが、刺激は十分。中谷がサンケイスポーツカメラマンのカメラを使って梅野を激写するなど、文字通り“監視トレ”となった。

 「ずっと上(1軍)でやっていきたい。(目標の新人王へ)自分の出せるものを出したい」と決意を新たにした梅野。3月4、5日にはヤフオクドームでオープン戦(対ソフトバンク)があり、「地元でプレーしているのをみせたい」と最初のターゲットも掲げた。

 「打撃、スローイングを少しずつ上げて、アピールしたいですね」

 藤井、日高…待ち受けるライバル捕手にも、プロでの“先輩”にも負けない-。梅野の闘志に火がついた。 (阿部 祐亮)

梅野 隆太郎(うめの・りゅうたろう)

 ★生まれ&サイズ 1991(平成3)年6月17日、福岡県生まれの22歳。小2から野球を始め、中学時は那珂川シャークスに所属。福岡工大城東高では2年秋から主将を務め、通算24本塁打。福岡大では4年春にMVP。4年夏の日米大学野球では主将&4番として優勝に貢献。大学通算28本塁打。1メートル73、80キロ。右投げ右打ち
 ★年俸 840万円。契約金は5000万円。背番号「44」
 ★強肩 遠投120メートル
 ★自慢 胸囲102センチ。入団発表時、和田監督からは「なんだ、この胸板は!」と驚かれた
 ★趣味 釣り、ボウリング、映画鑑賞
 ★二刀流 バットは2種類。34インチ、900グラムと、33・5インチ、890グラム

(紙面から)