2014.1.3 05:03(3/3ページ)

阪神D2・横田、人生初大吉!目標の「甲子園本塁打」なんて楽勝

鹿児島実高のグラウンドで素振りをする横田。“大吉パワー”で1年目からスパークするぞ!!(撮影・安部光翁)

鹿児島実高のグラウンドで素振りをする横田。“大吉パワー”で1年目からスパークするぞ!!(撮影・安部光翁)【拡大】

 9日から始まる新人合同自主トレに向けて準備は万全だ。「1番の持ち味である外野の間をライナーで抜くバッティングをアピールしていきたい。競争心を持って挑んでいきたい」。まずは、2月の1軍沖縄宜野座キャンプ参加を目指す。

 新年早々に“大吉”を引き当てた18歳は「充実した正月でした」と振り返る。“大吉パワー”で新たな歴史をつくってみせる。 (柏村 翔)

■横田 慎太郎(よこた・しんたろう)

 外野手。1995(平成7)年6月9日、鹿児島県生まれ、18歳。鹿児島実高では1年秋から4番を担い、3年春からはエースを務めた。夏の県大会は2年続けて決勝で敗退。高校では通算29本塁打を放った。14年D2位で阪神に入団し、引退した桧山進次郎の背番号を受け継いだ。契約金6000万円、年俸720万円。1メートル86、85キロ。左投げ左打ち。背番号「24」

■データBOX

 ◎…阪神の高卒1年目での本塁打は1974年の掛布雅之(3本)を最後に出ていない。近年の他球団では93年の元巨人・松井秀喜(11本)、昨季の日本ハム・大谷翔平(3本)らがいる。ちなみに、過去最高は86年の元西武・清原和博(31本)

(紙面から)