2014.1.3 05:03(2/3ページ)

西武・伊原監督、91勝宣言!Vオーダー年明け即発表

「選手とファンの集い」で手を振る伊原監督(中央)。早くも開幕戦のオーダーを発表し、優勝宣言した。右は中村、左は高橋 (撮影・塚沢健太郎)

「選手とファンの集い」で手を振る伊原監督(中央)。早くも開幕戦のオーダーを発表し、優勝宣言した。右は中村、左は高橋 (撮影・塚沢健太郎)【拡大】

 とそに酔ったわけではない。伊原監督はファンの前で力強く、「今年は(優勝)間違いないでしょ」と宣言した。

 FA権を行使して片岡が巨人へ、涌井がロッテへ移籍。ヘルマンはオリックスへ、サファテもソフトバンクへと去った。戦力ダウンは誰の目にも明らかだが、「建前では“残念だ”と言っているが、本音は痛くもかゆくもない」と自信満々だ。

 「片岡はフル出場できないし、必ず爆弾を抱えてやっている。今年は浅村が二塁を守るから、おつりがくる。外国人も涌井級の投手(レイノルズ=前レッズ)を補強したので、一層強固な投手陣になる」と言い放った。

 球団名が西武になった1979年以降、午年は優勝確率100%というデータも後押しする。伊原監督が前回指揮を執った2002年はエース松坂(メッツからFA)の戦線離脱をものともせず90勝を挙げ、2位近鉄に16・5ゲーム差をつけてリーグ優勝。コーチだった90年は2位オリックスに12ゲーム差をつけて制し、日本シリーズでは巨人を4勝無敗で倒した。

【続きを読む】