2014.1.1 04:03(5/7ページ)

【徹也の部屋】今年こそV!虎将、新年の決意表明「腹くくれる」

特集:
大阪発オフ企画
今年こそ必ず…。和田監督が書き初めで力強く「優勝」と書き込んだ(撮影・中川春佳)

今年こそ必ず…。和田監督が書き初めで力強く「優勝」と書き込んだ(撮影・中川春佳)【拡大】

 植村 例えば右翼には、福留がいますが。

 和田 伊藤隼や緒方もいます。緒方はおもしろいですよ。

 植村 福留と伊藤隼、緒方の関係は、西岡と上本の関係に似ているのでしょうか。

 和田 そこは右翼限定ではなくて、大和だってうかうかしていられない状況ですね。

 植村 なるほど。マートンは使うでしょうが、他の外野の2つのポジションは奪えるチャンスが出ているということですね。

 和田 それぐらいの力をつけていますね。

 植村 そこを思い切って使うのが、監督業の醍醐味みたいなものかもしれないですね。

 和田 それをどこでするか、ですね。

 植村 開幕スタメンで、そういう(若い)選手がズラリと並んだらワァーと思いますけどね(笑)。

 和田 それは鳴尾浜で見たらいいじゃないですか(笑)。

★ゴメスにかかる比重大きい

 植村 攻撃面ではゴメスを獲りました。一昨年の中南米視察の時に、直接見られたんですよね。

 和田 見ました。目の前で大きいホームランを打ちましたね。ただ、すべてを見ているわけではないんで、スカウトの報告やDVDを見ての選択ですね。

 植村 当然、4番ですよね。

 和田 4番で使いたいと思っていますよ。

 植村 どれぐらい我慢しますか。

 和田 我慢? 我慢は、打てないのが前提でしょう。

 植村 打ちますか?

 和田 打ちますよ。打ってもらわないと困ります。

 植村 ヤンキースの黒田投手を打っているビデオを見たそうですね。

 和田 1、2打席目はスライダーでやられて、3打席目は同じスライダーを仕留めていました。そういう頭脳がありますね。変化球にも、対応できるんじゃないかと。ただ、日本の攻め方は、弱点を徹底的に突いてくるんで、そこで我慢することが必要になります。それが、できるかどうか。オマリーコーチの仕事ですね。

【続きを読む】