2013.12.31 05:03(2/3ページ)

掛布DC“レジェンド”31番復活!伝説の虎ユニホーム復刻発売

85年の日本シリーズ第5戦では、バックスクリーンへ先制3ランを放った

85年の日本シリーズ第5戦では、バックスクリーンへ先制3ランを放った【拡大】

 「KAKEFU 31」-。

 球団が掛布DCのユニホーム発売に動き出すことが分かった。しかもそれは、なんと日本一に輝いた1985年仕様のユニホームだ。球団幹部が明らかにした。

 「掛布さんのグッズ、ユニホームを発売してほしいというファンの声が大きいので、発売することになりました。球団としては85年に優勝したユニホームなどを検討しています」

 逆転の発想があった。25年ぶりに球団に復帰した掛布DCだが、正式な入閣ではないため、背番号がない。そのため、指導に当たった秋季キャンプではジャンパーを着ていた。正式なコーチではないので、現状のユニホームに名前を入れても、背番号を入れることができないのだ。

 ならば…と営業サイドは、現役時代のユニホームに目を向けた。背番号「31」を背負ってきた林威助外野手(34)が今季限りで退団。現在、空き番になっているため、現役選手に遠慮することもないわけだ。

 掛布DCが4番として打率・300、40本塁打、108打点と打ちまくり、球団初の日本一に輝いた「伝説の1985年」のユニホームが復刻発売されるとなれば、ファン垂涎の逸品になること間違いない。時空を越えて、ノスタルジーに浸ることもできる。

【続きを読む】