2013.12.28 05:07(3/3ページ)

松井氏、マー君に提言!チーム選びは「自分が何を大切にするか」

特集:
田中将大
松井秀喜
ニューヨークから笑顔で帰国した元メジャーリーガーの松井秀喜氏=成田空港(撮影・戸加里真司)

ニューヨークから笑顔で帰国した元メジャーリーガーの松井秀喜氏=成田空港(撮影・戸加里真司)【拡大】

 その経験から「この球団でやりたいと強烈な願望を抱いている人もいるでしょうし、弱いチームを強くしたいという人もいるでしょう。お金にこだわる人もいると思う。自分が何を大切にするのか。それだけです」と、チームを選ぶ際は強いこだわりを持つことが大事だと主張した。

 06年に高校日本代表の一員としてヤンキースタジアムを訪れた田中と握手し、言葉も交わした。あの時の高校生が日本のプロで成長し、かつての自分のように海を渡る。運命の糸を感じながら、14歳下の後輩を温かく見守っていく。

★松井氏のヤ軍移籍

 2002年11月1日にFA宣言し、米大リーグ挑戦を表明。日米野球や表彰式、イベント出席など多忙を極める中、同13日に米大リーグ全30球団にあいさつ状を郵送した。当初は自身で直接交渉する予定だったが、言葉の壁に直面。12月3日に代理人をアーン・テレム氏に決定し、ヤ軍入りを最優先してほしい旨を伝えた。同19日にヤ軍と3年総額2100万ドル(当時約25億2000万円)で合意し、20日に都内で会見。年末年始は故郷の石川で過ごし、1月9日に渡米。日本時間15日にニューヨークで入団会見を行った。

★松井氏の今後

 約14時間に及ぶフライトの疲れも見せず、成田空港では居合わせたファンの歓声に笑顔で応えた。昨年は12月末にニューヨークで現役引退会見を開くなどしたため米国で年を越したが、今年は近日中に石川・能美市へ帰郷する予定。来年2月1日からは古巣巨人の宮崎春季キャンプに臨時コーチとして参加することが内定している。

(紙面から)