2013.12.25 15:53

巨人・立岡は1000万円、肋骨切除手術の松本竜は630万円更改  

 巨人・立岡宗一郎内野手(23)が25日、大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、400万円増の年俸1000万円でサインした。昨年6月にソフトバンクから移籍して、今季は自己最多となる46試合に出場。プロ初安打も放った。来季に向けて「出塁率と盗塁にこだわってやっていきたい」と目標を掲げた。1月はソフトバンク・本多らと自主トレを行う。

 また、松本竜也投手(20)は100万円減の年俸630万円でサインした。今季は7月に肋骨切除手術を受けるなどして、公式戦の登板はなかったが、11月下旬から約1カ月間、台湾で行われたウインターリーグに参加。3勝(1敗)を挙げ、防御率は1位の1・54でMVPを獲得した。「球団から来年は期待していると言っていただいた。1軍で1勝はしたい」と抱負を語った。