2013.12.22 16:31

ロッテ・GG佐藤、少年ファンからの“禁断”の質問に絶句

トークショーで話すロッテのG・G・佐藤(左)と古谷=千葉・ららぽーとTOKYO-BAY(撮影・塚澤健太郎)

トークショーで話すロッテのG・G・佐藤(左)と古谷=千葉・ららぽーとTOKYO-BAY(撮影・塚澤健太郎)【拡大】

 ロッテのG・G・佐藤外野手(35)が、少年ファンからの“禁断”の質問に絶句した。

 22日、千葉・船橋の「ららぽーとTOKYO-BAY」で古谷拓哉投手(32)とトークショーを行い、市川出身のG・Gは「ららぽーとは、よくデートスポットに使っていました」とオープニングからノリノリ。ところが野球教室で少年ファンから「どうやったらフライを捕れますか?」と、まさかの質問が飛び出した。

 2008年の北京五輪で、飛球を2度落球したことで有名なG・Gは「トラウマがあるんで…。ヤバイね。勇気を振り絞ってしゃべるか」と苦笑いすると、観客は爆笑。

 「フライは必ず落ちてくるので、自分から捕りにいってはダメ。後ろの打球は半身になって下がって。僕が言うのも何なんですけど、たくさんノックを受けて上手くなって下さい」と丁寧に答えた。