2013.12.20 05:03

阪神、FA久保の人的補償に小杉&真下ら候補に!

候補に挙がっている小杉陽太

候補に挙がっている小杉陽太【拡大】

 阪神は19日、西宮市内の球団事務所で編成会議を行い、FA移籍した久保康友投手(33)の人的補償でDeNAから獲得する選手の選定を行った。和田豊監督(51)と黒田正宏ヘッドコーチ(65)も参加。投手を軸に、数人の候補をリストアップした。

 「現場の意向を踏まえて若干名に絞り込んだ。いまの戦力とにらみ合わせての判断になる」

 会議後、中村GMが概要を明かした。プロテクト名簿が届いて4日。初めて現場サイドも加わり、方針が確認された。

 和田監督は「意見を出し合った。絞り込むところまでいっていない」と慎重。詳しい考えは明かさなかったが、久保とスタンリッジの流出で先発陣の不足は否めない。即戦力で起用できる投手の重要性も感じており、今季は主に先発で6試合に登板した小杉陽太投手(28)、来季5年目の真下(まっか)貴之投手(22)らが候補に挙がっている模様だ。

 今後は現場の意見を念頭に、フロントが決定を下す。「(即戦力)もあるし、将来性という考え方も。結論は週末を挟んで、それからじゃないか」と中村GM。期限は来年1月12日だが、早ければ週明けにも結論を出す見込みだ。

小杉 陽太(こすぎ・ようた)

 投手。1985(昭和60)年12月8日、秋田県生まれの28歳。二松学舎大付高から亜大(中退)、JR東日本を経て、2009年D5位で横浜(現・DeNA)に入団。今季は6試合に登板し、1勝2敗、防御率4・76。通算成績は37試合登板、3勝6敗、防御率5・77。1メートル87、88キロ。右投げ右打ち。来季年俸1000万円。背番号「54」

真下 貴之(まっか・たかゆき)

 投手。1991(平成3)年4月19日、北海道生まれの22歳。東海大望洋高から2010年D4位で横浜(現DeNA)に入団。今季は2軍で13試合に登板し、3勝1敗、防御率3・09。1軍通算成績は7試合に登板し、1勝1敗、防御率4・01。1メートル88、82キロ。左投げ左打ち。来季年俸570万円。背番号「47」

人的補償

 FA移籍が成立した場合、旧年俸額によって新所属先から前所属へ人的または金銭補償が必要なケースがある。球団ごとに日本選手の旧年俸順に上位3位までをランクA、4~10位までをランクB、11位以下をランクCとする。1回目のFA移籍かつ人的補償なしの場合はランクA(旧年俸の0・8倍の金銭)、ランクB(旧年俸の0・6倍の金銭)。人的補償ありの場合はランクA(プロテクト外の選手1人と旧年俸の0・5倍の金銭)、ランクB(プロテクト外の選手1人と旧年俸の0・4倍の金銭)。ランクCは補償不要。

13年FA有資格者

(紙面から)