2013.12.15 05:00

【セカンドチャレンジ(6)】DeNA・牛田元投手、学生野球の指導者目指す

快速球とフォークを武器に活躍した牛田は、学生野球の指導者を目指す

快速球とフォークを武器に活躍した牛田は、学生野球の指導者を目指す【拡大】

 チームメートから「牛くん」の愛称で親しまれてきた牛田成樹元投手(32)が、静かにユニホームを脱いだ。

 10年目の今季は開幕前に「絶対にグチを言わない、妥協はしない」と誓って臨んだが、1軍で登板できないまま終了。10月3日に戦力外通告を受け「1年間決めたことを実践し、やりきったという思いが強かった。引き際を大事にしたかった」と受け止めた。

 抑えにつなぐセットアッパーとして2010年に2勝1敗23ホールド、翌11年も2勝1敗19ホールドを記録。だが、この年に導入された統一球になかなかなじめず、しだいにフォークを制球できなくなり「ボールが変わって感覚が変わったのは事実。模索してもうまくいかなかった」。

 6日に32歳になった。妻と3人の子供を支えるため「1年でも早く新しいスタートを切りたかった」。将来は学生野球の指導者も目指せるように、体の仕組みを学ぶセミナーに参加し、来年には学生野球資格回復のための研修も受講予定。就職先は未定で「野球とは全く違う仕事になるかもしれないけど、休日のボランティアでも野球のお手伝いをできたら」という。

 今秋の東京国体で不振だった地元徳島に恩返しをしたい気持ちも強い。「県の運動レベルが落ちていると聞いている。他のスポーツも含めて底上げできれば」と子供たちの未来に夢をはせ、目を輝かせた。(下村静史)=おわり

牛田 成樹(うしだ・しげき)

 1981(昭和56)年12月6日生まれ、32歳。徳島県出身。徳島商高から明大を経て2004年ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)入団。10年にはセットアッパーとして2勝23ホールド、防御率1・21の成績を残した。今季は1軍登板なし。1メートル88、89キロ。右投げ右打ち。既婚。今季年俸2500万円。

(紙面から)