2013.12.10 05:00(2/2ページ)

【セカンドチャレンジ(1)】巨人・辻内元投手、営業で家族支える!

1軍登板なく、ユニホームを脱ぐ辻内。家族のために就活中だ

1軍登板なく、ユニホームを脱ぐ辻内。家族のために就活中だ【拡大】

 10月1日に巨人から戦力外通告を受け、現役引退を発表した辻内。気持ちはすでに切り替わり、言葉の一つ一つから新しい生活への決意が伝わってきた。

 「嫁がいますし、来年は子供が生まれます。しっかり家族を支えていけるように、一生懸命に働きたい。次の仕事に向けて頑張っていきます」

 昨年12月に結婚した夫人のこずえさん(30)と横浜市で2人暮らし。愛妻は妊娠7カ月で、来年3月には第1子となる女の子が誕生する予定だ。一家の主として家族を支えるため、現在は就職活動中。複数の知人から話を聞いて、「営業の能力を身につけたい」と不動産業に興味を持った。故郷の奈良には戻らず、現在の住まいから通えるところで就職先を探している。

 チームメートも気にかけてくれた。中でも同期入団で4歳上の福田からは戦力外になった直後、食事に誘われた。「次の仕事も頑張れよ」と声をかけられ、「次が大事なのは分かっています。くじけずに頑張ります」と力強く答えた。

 甲子園を沸かし、高校生ドラフト1巡目で入団してから8年。「1軍で登板できなかったけれど、他の人があまり経験ができないこと、人生のためになるようなことを経験させてもらった」。まだ26歳。プロ野球人生にはピリオドを打ったが、第2の人生はまだこれからだ。(青森正宣)

辻内 崇伸(つじうち・たかのぶ)

 1987(昭和62)年12月5日生まれ、26歳。奈良県出身。大阪桐蔭高3年夏の甲子園で4強入りし、2006年高校生ドラフト1巡目で巨人入団。左肘や左肩のけがに泣き、8年間で1軍登板はなかった。2軍通算は75試合、12勝10敗、防御率3・76。1メートル85、88キロ。左投げ左打ち。既婚。今季年俸550万円。

(紙面から)