2012.12.11 05:00(1/3ページ)

“光と影”テッド・ウィリアムズ記念館

特集:
サンスポ50周年企画 National Pastime ~遥かなる野球大国を訪ねて~ 

 米フロリダ州にある新旧の「テッド・ウィリアムズ記念館と打者の殿堂」を訪ねた。テッド・ウィリアムズ(1918-2002年)は1941年、大リーグで最後に打率4割をマークしたレッドソックスの外野手。三冠王にも2度輝いた大打者だが、晩年は不遇だった。かつて記念館だった建物は売却されて銀行となり、タンパベイ・レイズの本拠地、トロピカーナ・フィールド内に移転。その偉業は友人だった元警官の館長によって守られ、語り継がれている。

【続きを読む】