2012.6.26 05:02

タイ・カッブ、故郷では心優しき英雄(1/3ページ)

特集:
サンスポ50周年企画 National Pastime ~遥かなる野球大国を訪ねて~ 

 米ジョージア州ロイストンにある「タイ・カッブ記念館」を訪ねた。タイ・カッブ(1886-1961年)は大リーグ史上1位の通算打率.367を誇り、首位打者に12度も輝いた名選手ながら、気性の激しさなどから「野球技術は最高、人格は最低」と評され、映画や書籍でも「ヒール」(悪役)として描かれてきた。その一方で、故郷では、私費で病院を建設するなど貢献度は大きく、英雄として語り継がれている。悪評には誤って伝えられているものも多く、従来のイメージを一変させられる。

【続きを読む】